たまごんの半熟雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウィズアクア(フレス製)レビュー

久しぶりの記事です。

アクアライクラやアクアプレミアなどの抱き枕カバー生地製作で有名なフレスが新しい抱き枕本体を開発したそうです。

その製品を使用してアンケートに答えるテスターが公募されていたので応募してみたところ、ラッキーなことにテスターに選ばれました。
普段から抱き枕に全力をかけていたおかげかもしれません。

その新しい抱き枕、その名もウィズアクアがさっそく届いたのでレビュー記事を書こうと思います。

抱き枕関連記事
DHR6000レビュー 
抱き枕の気持ちいい抱き方、そして抱き枕を抱くことによるその効果

1.まず開封!

梱包されている状態の写真は取り忘れましたが、真空パックされた状態で縦に三つ折にされ、それをさらに袋にくるまれた状態でした。
真空パックにはさみを入れると自然とふくらみ始め、すぐにふくらみきります。
三つ折にはされていますが、綿の偏りは特に気になりませんでした。

2.本体のみで観察

本体の生地はすべすべではなく少し摩擦があり、ひっかかるような感じです。
これは、抱き枕カバーとの一体感を生むための工夫になります。
抱き枕カバーとの一体感は本体にとって最も重要なポイントなのでこの後のカバー装着後が楽しみです。

ファスナーは下の写真のようになっています。

2017100700464877b.jpeg

ここを開けると

201710070047181ab.jpeg

中に詰められた綿が見えます。

フレスさんの情報によると、オプションとして追加の綿が販売されるそうです。
ボリュームを増やしたい場合や長期の使用に伴う綿の「へたれ」が気になる場合はここから綿を詰めることになります。
ただ、綿が綺麗に詰められているので、ここに自分で綿を詰めると形が歪になってしまうかも?


続いてこちらがタグになります。

20171007004557742.jpeg
20171007013503837.jpg

このタグには汗などに対する消臭機能があるそうです。
その効果のほどはまだわかりませんが、夏に抱いたときなどは汗をかくので、嬉しい機能ではあります。
抱き枕カバーは洗濯できますが、本体はファブリーズをするくらいしかできないので、こういった機能は重要です。

3.カバー装着

ではお待ちかねのカバー装着です。
ここでは僕が所持していたA&J製のDHR6000と並べて比較しながら書いていこうと思います。

ただ、DHR6000を購入したのは数年前なので、綿がへたってしまっています。
というか、今回新しい抱き枕本体が届いて一番驚いたのはその点です。
長期の使用によってここまで劣化しているとは思いませんでした。

抱き心地についてはDHR6000に比べて比較的反発力が高めな気がします。
かといって硬いわけではなく、綿がまるでバネのようになって柔らかさと反発力をもっています。
それにより、抱きごたえのある気持ちよさが実現されています。
使い続けていくとどうなるかはまだわかりませんが、現時点では文句ない抱き心地です。

次にカバーとの一体感ですが、カバーを装着した状態で表面をなでてもほとんどずれません。
この一体感はDHR6000と同等で、まるでカバーと本体が皮膚と筋肉のように一体となっています。
これは、抱き枕本体の頂点を誇ってきたDHR6000の代名詞とも呼ぶべき特性でしたが、
ウィズアクアもその特性を持ったことにより、今後の抱き枕本体は生地との一体感が必要不可欠な要素になっていくと考えられます。

ボリュームも申し分ないです。
下の写真の左がDHR6000、右がウィズアクアです。

2017100700461355e.jpeg

DHR6000は数年経っているのでボリュームが小さくなってはいるのですが、それを加味してもウィスアクアは高さがある気がします。
DHR6000は、購入時も比較的平らというか、はんぺんのような形でした。
これは悪いことではなく、平らなことによりカバーの絵が綺麗に見えるという利点がありました。
ウィズアクアは円筒のような形です。そこはそれぞれの好みによりますね。

そして前回のDHR6000のときも試した抱き枕を立てるチャレンジです。

2017100700463743d.jpeg

右がウィズアクアです。
しっかり立っていてコシの強さがよくわかります。
DHR6000もなんとか立っていますがやっぱり経年劣化で弱々しくなっちゃってますね。

総評

総合的にはウィズアクアは抱き枕本体として最高峰だといえます。
これまでダントツトップだと思っていたDHR6000とも遜色がありません。
細かい違いはあるので、そこと値段で決めることになりそうです。
ウィズアクアのほうが少し値段が安いので、手を出しやすいのは利点だと思います。



商品のリンクはこちら!




オススメのアプリ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。