たまごんの半熟雑記

世界樹の迷宮3をプレイしました【その1】

世界樹の迷宮3をプレイしたので、どんな感じでプレイしたかや、感想などを書いていこうと思います。ストーリー自体のネタバレはなるべくしないようにしますが、もしかしたらちょっとしてしまうかもしれないです。あと、全部終わってから思い出しながら書いているので曖昧な部分もあります。

世界樹の迷宮3公式サイトはこちら

世界樹の迷宮シリーズがどんなゲームかはここではあまり説明しないのでわからない人は公式サイトとかを見てくださいね。

さて、僕には世界樹2、新世界樹1に続き3作目の世界樹シリーズとなりました。
今作は職業がこれまでのものと全然違っていたり、大航海というものがあったりと新鮮な感じがして楽しみでした。

まずはキャラメイクですね。一番重要で楽しいところです。
世界樹のキャラメイクにその人の性癖が表れるといっても過言ではないと思います。

僕が最初のパーティとして選んだ5人は
プリンセス、ウォリアー、シノビ、バリスタ、ゾディアックでした。
ちなみに、このときすでにwikiをある程度読んで各職業の特性を調べて、それから考えています。
それぞれについてどのビジュアルのキャラを選んだかと名前と選んだ理由を解説していきたいと思います。女性を選ぶのは当然として、僕がどんな見た目のキャラが好きかわかるのではないかと思います。

・プリンセス(名前:アルトリア)
20150222231811ad0.jpg

金髪碧眼で姫なのでFateのセイバーをイメージしてこの名前にしました。まあセイバーは王ですけど。回復、バフ役として入れました。この子はかわいい。

・ウォリアー(名前:エリー)
20150222230130c3e.jpg

力が強そうな女の子ということでミルキィホームズよりエリーさんです。前衛で非常に高い物理攻撃力を持っており、アタッカーとして期待しました。この子は微妙。

・シノビ(名前:くのいちくぅ)
20150222230146668.jpg

忍者の女の子といえばファンタジスタドールのくのいちくぅでしょう。このキャラに関しては性能とかはあまり気にせず可愛かったので採用しました。分身できるのも面白いと思いました。

・バリスタ(名前:チノ)
20150222230202e20.jpg

チノちゃんはバリスタはバリスタでもコーヒーを淹れてくれるバリスタですね。後衛の物理アタッカーとして採用しました。見た目はまあそこそこかな。

・ゾディアック(名前:フランドール)
201502222302171eb.jpg

金髪に赤い眼、そしてよくわからない羽がフランちゃんみたいですね。属性攻撃担当。可愛い。

この他に、採集用のファーマー5人を作成し、ささら、しめじ、カティア、あかり、マドレーヌと名付けました。

こうして僕の冒険が始まりました。


プレイの思い出
○第1層
・1F
いつものマッピングのミッションから始まります。まあ1Fなので特に変なギミックもないし余裕余裕、そう思っていたらオオヤマネコとかいうモンスターにみんな一撃で殺されました。

・2F~4F
FOEが出てきたりぬかるんだ床(自分が1マス進む間にFOEは2マス分進む床)が出てきたりしますが、さすがにもう世界樹シリーズに慣れているのでFOEは避けきることができました。あまり関係ないんですが「ゆか」で変換すると毎回由佳になってめんどくさい。
あと、このあたりで世界樹3は4フロアで1層分ってことに気付きました。しかも途中に磁軸がない。その分ショートカットで早く下の階に行けるようにはなっています。

第1層のボスはマップを逃げ回る上に戦闘も一度途中で中断されるのが面倒でした。でもレベルを上げまくっていたので問題なく勝利。

このあたりまでの育成方針
プリンセスはロイヤルベールや王者の凱歌を上げて回復役に。
ウォリアーは鎚マスタリーを上げ、アームブレイカーを取得してナインスマッシュを目指す。
シノビは陽炎、招鳥で囮役をやったり短剣スキルを覚えさせたり。
ゾディアックはとりあえず各星術を覚えさせ、エーテル圧縮や特異点定理で火力を出せるように。
バリスタはジャイアントキル、弩マスタリーを上げて攻撃力を上げていた。

大航海も平行して進めていました。漁とか交易は全然やらずにチェックポイントに行くことだけを目的にしていました。大航海クエストというボス戦のようなものがあるのですが、何度も対戦できるのでレべリングにかなり役立ちました。ただ最低でも一人NPCと一緒に戦わないといけないので全員には経験値がもらえないのがちょっと面倒ですね。

今日はここまでにします。また後日続きを書きます。

おわり

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する