たまごんの半熟雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

┌(^o^)┘モリ!ガッサドラン【ローテ】

3月のTGAオフで使用した構築の詳細と解説

7ea89a6a19a19804aec2f856b8172600.png



ココロモリ(たんじゅん)@たべのこし
アシストパワー/みがわり/かげぶんしん/めいそう
臆病 161-×-90-97-75-181

キノガッサ(テクニシャン)@こだわりスカーフ
キノコのほうし/タネマシンガン/ローキック/がんせきふうじ
陽気 167-150-100-×-81-134

ヒードラン(もらいび)@こうかくレンズ
マグマストーム/きんぞくおん/みがわり/がんせきふうじ
臆病 191-99-127-157-127-141

ランターン(ちくでん)@こだわりメガネ
10まんボルト/なみのり/ハイドロポンプ/れいとうビーム
控え目 201-×-105-135-101-93

クレセリア(ふゆう)@オボンのみ
れいとうビーム/にほんばれ/トリックルーム/つきのひかり
穏やか 226-×-161-96-178-106

ハッサム(テクニシャン)@いのちのたま
むしくい/バレットパンチ/つばめがえし/つるぎのまい
意地っ張り 177-200-120-×-101-85

【構築解説】
単純ココロモリでの全抜きを目指す構築。
ココロモリ、キノガッサ、ヒードランの並びは相性補完も良く、ココロモリの全抜きをサポートする要素も十分である。

ココロモリで全抜きする上で障害となるのは悪タイプであるが、その中でもバンギラスが辛い。
そこで残りの3匹でバンギへの打点を確保しつつ、雨やトリルの対策を入れる必要がある。

まず雨に強く、バンギラスに打点を持てるランターンを採用した。特性のおかげで、ココロモリの天敵である雨下の雷を無効化できる点が優秀である。

そして、バンギへの打点その2としてハッサムを採用。ココロモリでの突破が難しい場合のエースとしても使える。

最後にトリルと手動晴れ役としてクレセリアを採用した。

…と書いているが、この構築はリィズさんが考えてくれた構築である。
オフ用の構築を考える手間が省けて助かった。

勝ち筋が非常に明快な構築なので非常に使いやすいと私は感じたが、リィズさん本人は「こんなの使ってたら発狂する。」とおっしゃっていたので、使いやすさは人によると思われる。


【個別解説】

・ココロモリ

特性とアシストパワーという技により脅威的な火力を得ることができる。ガブリアスみたいな逆鱗ぶっぱしてるだけでいい害悪ポケモンを、積んでかわして一撃で葬り去る姿は、まるで非力な主人公が修行(影分身と瞑想)して強大な敵を倒す少年漫画的展開のようではないか。

基本的にはキノガッサやヒードランのサポートから動かしていく。影分身を一度積んでからみがわりを残し、みがわりが割れるまで積んで、十分積めたら攻撃する。
全積みすれば大抵のクレセリアも確定で落とせるが、そこまでしなくてもいい。私はやる。

ココロモリのみがわりが残っているほとんどの場合ココロモリで積めばいいので、長考が減るというメリットもある。

瞑想クレセリアなどの相手との積み合いになっても、アシストパワーという技の仕様上、相手の耐久が一次関数のように増えていくのに対し、こちらは指数関数のように火力が上がっていくのでこちらが有利である。

配分は、陽気ガブの逆鱗を15/16耐え=みがわりが陽気テラキオンのインファ耐え、ペンドラー抜き。

・キノガッサ

スカーフキノコのほうしで相手を眠らせるのが主な仕事。ココロモリを一撃で落とす相手を眠らせれば、一気にココロモリが動かしやすくなる。

相手側にスカーフガッサより速く、かつガッサを一撃で落とせるポケモンがいない場合は胞子が安定するので、これまた長考が減る。

ローキックとがんせきふうじはココロモリより速い相手を狙って撃つ。がんせきふうじはほぼウルガモスピンポイントである。A無振りでもH振りウルガモスを確定で落とせる。

ほとんど胞子しか撃たないのでHSに振った。

・ヒードラン

私の周りのローテ環境では襷ガッサ、襷メガヤンマといった害悪催眠ポケモンが流行っていたので、それらのポケモンをメタったマグストみがわりヒードラン。

さらに、ココロモリの天敵として忘れてはいけないのが、ヌオーをはじめとした特性がてんねんのポケモンである。これらのポケモンに対してはアシストパワーの威力上昇は適用されるが、特攻の上昇と回避率の上昇が無視されるため、相手にし辛い。
それらのポケモンに対する解答が、金属音である。
実際、金属音を当てることでヌオーを突破することが何度もあったので、非常に役立った技である。

がんせきふうじはスカーフファイヤーやスカーフキッスなど、ガッサより速く、ガッサを一撃で落とせるポケモンに対して使いたい。
AがVであればボルトやトルネのみがわりも確定で壊せる。

持ち物の広角レンズがマグスト、金属音、岩石封じのいずれともシナジーしているのが美しい。

・ランターン

雨やスカーフファイヤー、スカーフキッス対策。
配分は、メガネ水ロトムのハイドロ2耐え(水ロトムとの撃ち合いで勝てる)、意地パルシェンの破りロクブラ1急所込み耐え、大体のグロスハッサム抜き、火力は波乗りでHシュバルゴ半分削る程度

・ハッサム

普通の意地っ張りHAハッサム。
つばめがえしを入れたのはココロモリミラーを意識したため。

・クレセリア

いつも使っているクレセリア。
配分はオボン込みで控え目グドラの雨ドロポン耐えとカイリューの舞ジュエル逆鱗耐え。

迷ったのは攻撃技をどうするかである。ココロモリを軸にしている以上、悪タイプに詰まないようにエスパー以外の技にしたい。結局れいとうビームにしたが、シグナルビームでもいいと思う。

【選出】

基本的にはモリガッサドランの基本選出で、後ろに相手に合わせた1体となることが多い。
基本選出で積むことが厳しい場合はココロモリを後ろに置くこともある。

ココロモリでの全抜きが難しい場合はココロモリを出さない方針でハッサムを中心に選出する。
特にココロモリを出しにくいのは雨パーティである。必中雷暴風やすいすいアタッカーも辛いが、何よりニョロトノの滅びの歌をココロモリに入れられるのが辛い。


【最後に】

悪戯心身代わりや挑発に弱いなど問題点は多いので、そのあたりをどうするか、これから考えたい。

結果的にココロモリが避けるか避けないかという点にかかっているが、そこが使っていて楽しいところだと思う。

┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!┌(^o^)┘モリ!




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。