たまごんの半熟雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【ローテ】ママン構築

ママン構築



以前から組みたいと考えていたママンボウを軸とした構築の紹介

ママンボウ(うるおいボディ)@ゴツゴツメット
アクアジェット/みずびたし/ねがいごと/まもる
腕白BD

化身ボルトロス(いたずらごころ)@オボンのみ
10まんボルト/めざめるパワー氷/でんじは/みがわり
図太い185-×-132-145-100-135

ガブリアス(さめはだ)@こだわりハチマキ
げきりん/ドラゴンクロー/ダブルチョップ/じしん
陽気AS

ナットレイ(てつのトゲ)@たべのこし
パワーウィップ/アイアンヘッド/やどりぎのタネ/みがわり
勇敢最遅HA

バシャーモ(かそく)@きあいのタスキ
とびひざげり/いわなだれ/つるぎのまい/まもる
陽気AS

ラティオス(ふゆう)@こだわりメガネ
りゅうせいぐん/りゅうのはどう/サイコキネシス/10まんボルト
臆病CS


ママンボウのみずびたしで強引に一貫性をとっていくことを狙った構築である。
ママンコウが有名であるが、霊獣ボルトロスというポケモンの登場により電気技の一貫を狙いにくくなった。
そのため、草や格闘、ドラゴン技を一貫させる目的でみずびたしを使う。


【個別解説】
・ママンボウ
 コンセプトの通りみずびたしを使ったり、ねがいごとで味方の回復をしたりするのが仕事。
 なるべく場持ちをよくしたかったので努力値は耐久に全振り。
 アイテムは火力のなさを補い、さらに被弾回数を減らして擬似的に耐久を上げられるゴツゴツメット。

・化身ボルトロス
 スカーフトゲキッス、パルシェン、スカーフカイリキーなどの害悪対策として採用。
 みがわりはねがいごとと相性が良い。
 アイテムは本当はたべのこしを持たせたかったのだが、ナットレイに譲った。
 Sを最速ガッサ抜きにしてあとはHとBに振った。

・ガブリアス
 鋼にみずびたしが入ればげきりんが一貫するようになる。
 ママンボウ+ガブリアスの並びで相手に鋼でガブのげきりんを受けるか、
 みずびたしを鋼に当てさせないかの択を迫れる。
 なるべく火力を上げたいので持ち物はハチマキ。
 ダブルチョップをまもるにすればねがいごととの相性がよくなるのでいのちのたま等も選択肢の一つである。

・ナットレイ
 草打点、ドラゴン、トリル対策として採用。
 技について、ボルトのでんじはとのシナジーを考えてアイアンヘッドにしている。
 ナットレイには負荷がかかりやすいので、それを解決するたべのこし+やどりぎのタネが強いと考えている。

・バシャーモ
 相手のゴーストタイプにみずびたしが入ればとびひざげりが一貫しやすくなる。
 いわなだれを採用しているのは上からの怯み技が強いから(真顔)。ファイヤーやシャンデラにも打点が持てる。
 まもるはねがいごととの相性が良いのもうれしい。

・ラティオス
 二体目のドラゴン打点として採用。
 前にガブリアスを置いて、ガブリアスを切った後、後ろからこいつを出すのが強かった。
 みずびたしとのシナジーを考えて、なみのりではなく10万ボルトにしている。
 ガブリアス同様火力を引き上げるためメガネを持たせた。
 ラティオスもまもるを入れてこだわりアイテム以外を持たせてもいい。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。