たまごんの半熟雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012年まとめ

2012年も今日で終わりということで、今年のポケモン関係での出来事や自分の取り組み方をまとめたいと思う。
何年後かの僕がこの記事を読んで悶えてる姿が予想できる。

1月~2月
ポケモンなんてなかった。

3月
この頃から本格的にポケモンの対戦を始めた。乱数調整の方法を覚えたり、ランダムマッチに潜ったりしていた。東京大学に合格が決まると、ゲーム研究会に入りたいと思い、以前から友人に聞いて知っていたリィズさんのブログを読んで勉強していた。まだまだ初心者の段階だった。

4月
ゲーム研究会の新歓に参加。ここで、ゲー研内ではローテーションバトルがとても盛んであることを知り、興味を持った。そしてさまざまな方のローテについての記事を読んでいた。

5月
五月祭に参加することになり、初めてローテの構築を作った。といってもよくある電磁波砂パで、いろんな人の構築を参考にした結果できたものだった。五月祭では約30人もの人と対戦できて、非常に楽しく、そして勉強になった。昼過ぎになると急にローテーションバトルを申し込んでくる人ばかりになった記憶がある。

6月
この時期もローテ中心であった。いろんな構築を作っては崩し、作っては崩しを繰り返していた。まだローテでよく見るポケモンの型を把握できていない段階だったので、それを知ることに必死だった。そしてBW2が発売され、主にフェスミッションで盛り上がっていた。また新しい夢特性の解禁や霊獣フォルムの登場で盛り上がっていた気がする。

7月
この月はあまりポケモンに取り組めていなかった。会誌の記事とテストに追われていたなあ(遠い目)

8月
ARサーチャーガチ勢になっていた。持っていた個体の数、種類が少なかったため、対戦をするよりいろんなポケモンを育成して構築の幅を広くしようとしていた。ビギニングカップに参加したりGSをしたりもしていたが、AR乱数でゲットしたポケモンを使いたかっただけかもしれない(

9月
駒場祭に向けて主にリィズさんにローテの指導をしていただき始める。これまで、一つのコンセプトを持った構築を使い続けることをしていなかったのだが、これを機に駒場祭まで同じコンセプトの構築を使うことにした。その調教指導の様子は会誌のポケモン特集号11号に書かれているので興味のある方は参照してください。
この時期はカイリューの使い方に困っていた。積み技を使うタイミングがわからず、さらに逆鱗とドラゴンクローの使い分けができなかった。

10月
迷走6積み。9月から同じ構築を使っていたのだがうまく使えず、マイナーチェンジを繰り返すも、どれもしっくりこない。@さんのアドバイスで、積み技を使うタイミングや技の撃ち分けがわかりやすい構築を回して練習もした。珠剣舞ハッサムの強さを知る。

11月
ウルガモスを構築に採用することによって諸問題の解決を図ったのだが、これがうまくいき、ある程度納得のいく構築ができた。
早稲田祭のわせポケの企画にも参加した。サークルとしてイベントの運営の仕方や、会員が多くのルールで対戦できるところなど、学ぶことが多かった。
駒場祭では尊敬するガラティンさんに勝ててうれしかった。
エキシビションマッチを経験して、行動を決めるのが遅いのを直したいと感じた。

12月
ほとんど対戦はできなかったが、検証という新たなポケモンの楽しみ方を知る。でも僕はよくわかってない。
シングルにも手を出し始めるがフルボッコにされる。もっとシングルを勉強することを決意。

今年、ポケモンへの理解は段違いに深まったと思うが、まだまだ未熟なので来年も頑張りたい。
ゲー研に入って本当によかったと思える一年だった。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。