たまごんの半熟雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ビギニングカップ使用構築

【使用ポケモン】

ランドロス@ヤチェ 臆病CS ちからずく
 大地の力 岩雪崩 めざ氷 まもる

サザンドラ@タスキ 控え目CS 浮遊
 流星群 悪の波動 火炎放射 まもる

メタグロス@オボン 意地っ張りHAベース クリアボディ
 バレットパンチ 思念の頭突き 冷凍パンチ まもる

テラキオン@格闘ジュエル 陽気AS 正義の心
 インファイト ストーンエッジ 岩雪崩 まもる

ブルンゲル@ソクノ 図太いHB 呪われボディ
 熱湯 トリックルーム 自己再生 溶ける

モロバレル@光の粉 穏やかHBD調整 再生力
 ギガドレイン キノコの奉仕♂ 怒りの粉 雨乞い

【個別解説】
・ランドロス
 このパーティのエース…のはずでした。霊獣ランドとボルトが多いと予想したので、それらのメインウェポンを無効化できるこいつを採用。霊獣ランドの威嚇を意識して特殊型にしました。また特性は、バンギがいないためちからずくにしました。岩雪崩の威力も上がるので、下降補正がかかっていてもガモスを確一にできます。めざ氷はミラー意識です。最後のまもるについてですが、以下のすべてのポケモンについても採用すべきなのか迷いました。今回初ダブルのため、まもるの重要さを理解できていませんでした。今はそれもわかります。とりあえず全員にまもるを覚えさせて回してみれば、こいつにはまもるが必要、こいつにはいらないといった区別ができるようになります。今回の構築では技スペが余ったら入れるという形をとっています。
 努力値配分についてはまず、相手の化身ランドを意識して最速は切れませんでした。特に調整する意味も感じなかったので、CS全振りにしました。持ち物はめざ氷が飛んでくることを考えてヤチェのみにしました。結果的にめざ氷ばかり来たのでかなり役立ったと言えます。

・サザンドラ 
 流星群で吹き飛ばす役割。浮いているため相手のランドにさらに強くなります。もう一つの役割は処理の面倒な高耐久エスパー、ゴースト(ブルン、ムシャーナなど)の処理速度を上げることです。火炎放射はメタグロスへの打点として採用。どうせ文字でも放射でもグロスは確定二発なので命中安定の放射のほうがいいと思いました。
 こいつも特に調整しても意味ないと思ったので(タスキを持たせるということもあり)控え目CSぶっぱにしました。持ち物は、スカーフサザン、テラキオンなどの上からの打点に対しても仕事ができるようにきあいのタスキを持たせました。特にサザンとよく当たったのですが、スカーフ持ちでも確実に落とすことができました。先発で出して、まず速いポケモン(ボルトロス、テラキオンなど)を確実に倒し、引っ込めてから今度は自分より遅いポケモンを倒すという展開が多かったです。安定して1対1以上の役割をしてくれました。

・メタグロス
 ここまで氷耐性が残念なのでこいつを採用。やはり信頼感があります。主な役割は自分より速いポケモンの攻撃を一発耐え、反撃し、バレパンで縛るというものでした。技構成は上の通りです。抜群でも等倍思念とあまり変わらないため冷凍パンチはあまり役立ちませんでした。有効なのはサザンくらいですが、アムハンのほうが威力が高いためそっちを採用すべきでした。
 耐久調整などは忘れました()ローテ個体の流用なのですがそんなに困らなかったです。持ち物は何を血迷ったかオボンにしました。ほぼ意味なかったです。手助け文字で葬られることがあったのでオッカでよかったです。

・テラキオン
 シャンデラとサザンの両方に強いポケモンとしてこいつを採用しました。高速格闘がいないと構築が組めなくなって困っています。主にサザンやバンギに対する打点として活躍しました。技について、ストーンエッジと岩雪崩を両方採用したのはボルトを一撃で倒すためです。
 努力値や性格は説明不要の陽気AS。持ち物はタスキがもうないので火力強化アイテムを持たせようと思い、格闘ジュエルにしたのですが、基本的に格闘技は効果抜群の相手に撃つことが多かったのであまり役立ちませんでした。むしろ、ジュエル岩雪崩で無振りボルトやシャンデラが一撃になるので、岩のジュエルのほうがよかったです。

・ブルンゲル
 水、氷耐性、トリル要員として採用。これもローテ個体そのままなので溶けるを覚えたままです。モロバレルと並べてトリックルームから展開したり物理受けとして働いたりしてくれました。技については、溶けるよりシャドーボールがよかったと思いました。
 持ち物は高火力電気技をうけても行動できるようにソクノのみです。

・モロバレル
 予想外の活躍をしてくれました。胞子や怒りの粉で仲間のサポートをさせるつもりで採用しました。困ったらこいつで催眠していました。テラキ、サザンと並べて出し、隣に飛んでくる格闘技を受けて隣を確実に動かせるというパターンが多かったです。
 雨乞いを採用したのは砂、晴れ状態を上書きするためでしたが、使う機会が無かったです。それほどそれらの天候が圧力にならなかったのも理由です。むしろめざ炎でミラーに強くすべきでした。持ち物は光の粉です。有名な(?)粉粉バレルですね。怒りの粉で相手の攻撃を吸って避ける最強のバレルです。努力値配分は確かC182ドランの文字を高乱数耐え残りBだったと思います。

【反省】
 構築の反省点は、水耐性が甘かったことです。潮吹きブルンに何度も苦戦を強いられました。また浮いているポケモンが二体とも氷弱点だったので、バンギドリュを意識してその2体を出すと、読まれていて氷技で攻められるなどの問題がありました。全体的に、ダブル特有の戦術(潮吹き、手助けなど)に弱かったです。
 
 ダブルは初挑戦だったので、今回の大会の目的はダブルの立ち回りをつかむことでした。ある程度はわかったと思います。全国ダブルにも挑戦してみたいと思います。
 
 

スポンサーサイト

PageTop

ARサーチャー ポイントアップ集め

ARサーチャーを利用してポイントアップを量産しよう!

まずはARサーチャーのエンディングを見る必要があります

3つシミュレーターがありますが、ポイントアップを集めるために使うのはシミュレーターαです

シミュレーターαを使うとレアなアイテムが手に入るのですが、その中にほしのかけらとポイントアップがあります

また、ARサーチャーでは最大10個まで同じアイテムを送れるので、それぞれ10個づつためてデータのバックアップを取れば、一度に実質20個のポイントアップをゲットできます

では具体的なやり方を書いていきます

①ゆめだまを400個集める
 シミュレーターαを使用するためにはゆめだまが400個必要なのでそれまでノーマルパーツでためます
 10000個くらいためてからやったほうが効率はいいですが、自分は400個貯まるたびにシミュレーターを使いました

②シミュレーターを使う
 シミュレーターαを使うのは雲が1個のときにするのが最も楽です
 シミュレーターを使うと、すべての雲の内1つに霊獣ポケが隠れており、そのポケモンを捕獲するとアイテムがもらえます
 雲が多い場合探すだけで時間がかかるため、1個の時がおすすめです
 400個貯まった直後にやるといいでしょう

③アイテム厳選
 霊獣トルネを捕まえるとアイテムの表示がでます
 このとき、ポイントアップかほしのかけらでなければ3DSのHOMEボタンを押してARサーチャーを終了してください
 もう一度始めると、シミュレーターを使う前に戻っています
 さらに出るアイテムは毎回異なるので、欲しいアイテムが出るまでやり直すことができます

 ちなみに普通のパーツやサルベージパーツなどではリセットしてもアイテムやポケモンが変化することはないらしいです
 
 欲しいアイテムが出れば通常通り調査を終えます

 ①~③を繰り返し、ほしのかけらとポイントアップが10個づつ貯まれば、SDカードを取り出してパソコンにバックアップを取ります
 適当にフォルダを作ってそこにコピーするだけです
 
 そしてSDカードを3DSに入れて調査データを送り、イッシュリンクで受け取ります
  
 その後取っておいたバックアップデータをSDカードに上書きしてもう一度調査データを送ります

 このようにすれば、一度ポイントアップとほしのかけらを貯めるだけで無限にポイントアップを手に入れることができます

 もちろんこの方法が最善というわけではありません
 ほしのかけらを交換するのはけっこう面倒なので、ポイントアップ10個だけで十分という方もいるでしょう

 またポイントアップの他にもふしぎなアメなどがゲットできるので、必要な方はそれらのアイテムも貯めるとよいでしょう 

ポイントアップが出る確率は低そうなので根気は必要ですが、一度貯めればものひろい乱数より効率がいいのでおすすめです

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。